じぶん沿革

2019.04 : 前職25年で退職

2019.07 : 勢いで令和の起業

2020.01 : コロナパンデミック

2022.06 : 3期目ギリ黒(汗)

何で稼ぐか

2022年8月23日

 仕事の姿勢 



事業をする イコール 何で稼ぐか。
いくら稼ぐか。

・モノ、サービスをつくり売る
・商品を仕入れて売る
・自身を商品にして対価を得る
・教えることで対価を得る
・投資する

face

フランチャイズに加盟するとか

起業すると(普通は)融資を求めるので、私は何をして幾ら稼ぐんですと事業計画をつくり相談相手に説明することになる。定款(ていかん)に何をするのか書くから、それを数字にするわけです。創業期からどえらい高い目標を掲げる方もいらっしゃるけど、固めカタメの目標しか出さない私には右肩上がり過ぎる計画はとても真似できないなぁ。

 どれも稼げる 

失敗しなきゃどの商売も稼げる。どの商売も何か問題を解決するものであり、重要なのは集客であり、望まれるのは長く取引ができるファンを獲得すること。

 知識を教えてみる 

自分の知識や手法(メソッド)を生徒に教えるのであれば稼ぎやすい、そんなことを聞いたりしますけどね。私も20年程前に経営手法を1週間300万円でトレーニングするという事業に参画したことがある。内容は成果約束型でターゲットは経営者。トレーニングはメニュー化されていたが満足してもらうためにお金をかけて更新を続けるし、受講後フォローアップと新規獲得セールスを同時に寝ないでするもんだから、販売する側に瞬間的には利益が出ても長続きはしませんでしたね。最終的に数年で金銭的、精神的に折れて撤退してしまいました。

最近はビジネスサロンが目立ちますが設定を自己投資/自己責任にすれば軽くなるし教える側が喋りのプロ(元気に上手に喋る)であれば事業化できると思います。

 え?わかりにくいのか 

私は商社で起業したのですが商工会議所でお会いした元金融ご出身の経営アドバイザーに事業相談したところ「商社というのは分かりにくい事業なんですよね」とのコメント! え、そうなの!? 投資(融資)する側からすると仕入れた商品が売れるのか集客できるのか信用度が低いらしく、メーカーとは見え方が違うそう。へぇ〜そうなんだ。そんじゃどこをどうアピールすれば理解されやすいか、少しコツを教えてもらうのでした。