じぶん沿革

2019.04 : 前職25年で退職

2019.07 : 勢いで令和の起業

2020.01 : コロナパンデミック

2022.06 : 3期目ギリ黒(汗)

何で稼ぐか

2022年8月23日

 仕事の姿勢 

起業するのは良いけど、じゃぁ何をやるか。やりたいことをやれば良いけど、ちょっと考えてみる。

事業をする イコール 何で稼ぐか。
・モノ、サービスをつくり売る
・商品を仕入れて売る
・自身を商品にして対価を得る
・知識を教えて対価を得る
・投資する

face

フランチャイズに加盟するとか

いくら稼げる状態にするか。
起業すると(普通は資金集めの)融資を頼るので、私は何をして幾ら稼ぐんですと事業計画をつくり相談相手に説明することになる。定款(ていかん)に何をするのか書くから、それを数字にするわけです。貸す方も何に使うのか、利子つけて返ってくるのか、当然判断材料を見てくる。

 どれも稼げる 

シンプルに考えれば失敗しなきゃどの商売も稼げる。どの商売も何かしらの問題を解決するものであり、重要なのは集客であり、望まれるのは長く取引ができるファンを獲得すること。

 知識を教えてみる 

自分の知識や手法(メソッド)を生徒に教えるのであれば稼ぎやすい、そんなことを聞いたりしますけどね。最近はビジネスサロンが目立ちますが設定を自己投資/自己責任にすれば軽くなるし教える側が喋りのプロ(元気に上手に喋る)であれば事業化できると思います。その生徒が弟子となり、次の集客をしてくれる仕組みにするのがベスト。個人的には好きじゃないけど自己啓発要素の強いサービスはそのパターンが多い印象がある。
私も20年程前にある経営手法を1週間300万円で伝授するという事業に参画したことがある。内容は成果約束型でターゲットは経営者。トレーニングはメニュー化されていたが満足してもらうためにお金をかけて更新を続けるし、受講後フォローアップと新規獲得セールスを同時に寝ないでするもんだから、販売する側にも瞬間的には利益が出たけど長続きはしませんでしたね。最終的に数年で金銭的、精神的に折れて撤退してしまいました。あれはホント毎日眠かったなぁ。個人的には教える仕事は好きじゃなくなった。

仕組みにできるか。
前述の通り望まれるのは長く取引ができるお客様、ファンの獲得。お得意様ができた方が売上ゼロになるリスクが減る。長期=リピートと考えると消費されるものやメンテナンスが必要となるもの、グレードアップ欲求が湧くもの、サブスク契約、顧問契約などかな。私も起業後に獲得している物販や営業代行はリピートになるかを判断基準にしている。その方が事業見通しもしやすいし、融資相談の時にも説得力がついたりする。もちろん解約されない工夫、努力も大事。お手紙やらニュースメール、クーポン発行、無料サンプルなどやってます。

 え?商社は信用度低いのか 

私は物販/営業代行を主たる事業とした商社で起業したのですが、どうも商社とは信用度が低いらしい!商工会議所でお会いした経営アドバイザーとの事業相談で「商社というのは分かりにくい事業なんですよね」とのコメント。 えぇ、そうなの!? 投資(融資)する側からすると仕入れた商品が売れるのか集客できるのかギャンブル要素があって信用度がちょいと低いらしい。メーカーとは見栄えが違うそう。へぇ〜そうなんだ、メーカーだって開発したものが売れるとは限らないと思うけど、そういうもんなんだ。ではどこをどうアピールすれば理解されやすいか、少しコツを教えてもらうのでした(→集客方法と売掛金回収のところでした)。