じぶん沿革

2019.04 : 前職25年で退職

2019.07 : 勢いで令和の起業

2020.01 : コロナパンデミック

2022.06 : 3期目ギリ黒(汗)

自分のトリセツ

 仕事の姿勢 

#スモールスタート
#スモールスタート
起業はしやすい時代ですが収益につながる集客ができるのか? 前職とケンカせずに仕事を引き継いで独立とかすると楽ですよね。逆だと信用度ゼロからのスタートになって、わざわざ険しい道を行くことになるので誰かを頼ることになります。

 誰かを頼る 

現実おおよその人が誰かを頼ると思います。初見の人に仕事の相談をすることが多くなってくるので自己紹介しなきゃいけないんですよね。相手が飽きないよう3分未満くらいで興味を持ってもらうのが良いけど、それ言うのは簡単だよなぁ。ウソついて大きく見せると後が面倒だし。

 取扱説明書 

私は前職との取引もキープできたものの新規開拓や融資などあるから結局誰かに頼りっぱなし。だからとりあえず自分がインタビューを受けたらと仮定してプレゼンテーションを先につくってみた。取扱説明書というべきか。まぁ..最初はヒドイもんで面白くもないし特徴もいまいち。でもやりながら変えりゃいいと、何か浮かんだらメモしたりボイスレコードして書き換えを繰り返す。あれ気づけば、実績と連動して内容がちょびっとづつ濃くなったり、リアルな体験談も挟み込めるようになってきた。ふ〜む、走りながらでいいじゃん。むしろダメストーリーの方が共感が得られる。何度かお呼ばれした体験談発表でも役にたった。

 未来を喜ぶ 

未来日記が良いらしい。自分は/自社は こうなりますッ と達成できたものとして先に祝っちゃうのもモチベーションアップになるそうです。桜の花見はその年の豊作を先に祝う豊作祈願の意味もあったと聞きました。湘南地区のビジネスサロンで体験した「わくわくヒツジ」も同じ手法で面白いですね。ちなみに商社時代にやっていたPDCAも未来の達成を導く手法ではあるけど、あれは職場上司によってはデスノートになるからあまり好きじゃなかったなぁ〜。