じぶん沿革

1994.4  商社に就職

2019.4  25年お世話になって退職

2019.7  ひとり商社で独立起業

2020.1  コロナ感染、パンデミック

2021.6  2期目ギリギリ黒字

 記事カテゴリー

宇宙と地上のお金

2021年12月12日

実行力の差

ガンダム風に言うと宇宙(そら)。起業家、実業家、お金持ち、お金配りオジサン・・・いろんなタイトルをお持ちの前澤友作氏がISS宇宙ステーションに滞在しておられる。自分で稼いだお金で宇宙の超高級ホテルに宿泊しているわけですね。実行力すごいなぁと感心。その一方で地上では10万円を現金にできるできないで議論の最中、まだ配れない。もちろん単独と多数の判断ではスピード感が違うのは当たり前ですが、サッサと宇宙に上がっちゃう人間との差がなんとも面白い。

 

お金の使い方

お金は何かに変換できるチケットである

約100億円あれば宇宙旅行に変換できる。

約260億円でアベノマスク配布に変換された。

約900億円あると18歳以下ざっくり1900万人へのクーポン給付に変換できる。

日本全体に使う費用と比較すると宇宙旅行は割高ではあるがそれぞれどんな効果が生まれるのかに興味がある。

 

お金の性格

お金は投資・消費・浪費の性格をもっている

先のイベントは投資効果はあるのか。アベノマスクはマスク市場価格の高騰とウイルス感染拡大をダブルで抑制したとされ国会で一定の効果があったとされていた。クーポン化すると貯金しないで消費拡大ができるとされている。宇宙旅行の件はISSに自費で滞在する日本人は前澤さんが第1号で後世にも名を残し、JAXAとは違うから一般公募した実験も割とできちゃう。

 

浪費にならずに目的を果たすためにお金を変換できるか?できたのか?そこ大事ですね。事業継続においてもお金を使わないのではなく、出費を適切に最小額で行うことが大事。経費最小、利益最大。前職ではアメーバ式経営を取り入れていたので、かなりきつく言われましたねー。