じぶん沿革

1994.4  商社に就職

2019.4  25年お世話になって退職

2019.7  ひとり商社で独立起業

2020.1  コロナ感染、パンデミック

2021.6  2期目ギリギリ黒字

 記事カテゴリー

お金×法整備の兵站

2021年12月6日

予防鎖国vs事業継続

新たな変異ウイルスを予防するための入国制限。それで事業継続ができなくなる恐れを抱える企業さまがいらっしゃるとか。

入国を制限→ウイルスも入ってこない。わかる。

人が増えない→事業がまわらなくなる。なんとなくわかる。

日本人が集まらない→外国人材が勝負の分かれ目。そうなのかな?

 

お金が落ちない?

最近はICTやDXをテーマにしたリアル展示会が開催されているのでソリューションが多くの企業さまから出てきているのが目につく。農産や畜産、水産、介護の解決を目指すものもすでにある。けれども説明員さんいわく、それらの分野にバンバン導入されているわけじゃないから、結局は前述のように安い人手が集まらないと事業がまわらなくなる。デジタルは魔法の呪文ではないだろうけど、もっと、もーっと試してイノベーションとか起きないと現場の課題は解決されようがないなぁ。そこにお金が落ちてない→効率アップしてない→利益が増えてない→給与も上がってないみたい。

それと法整備

次にお金を効果的に使うための法整備。例えば物流革命のためにドローンを飛ばすにも法整備が必要。そういうのはボトムアップじゃ時間かかるから国政にたずさわる議員さんがトップダウンで法律をカイゼンしていくのが望ましいはず。安い給与で働いてくれる技能実習生を入れるための規制緩和は目につくけどオートメーション化のための規制緩和などはあまり目にしない。

お金 × 法整備。この兵站が確保されていないと今困っている業界に人を集めても根本的に変わらないかもなぁ。まぁちょっと難題というのはわかる。