じぶん沿革

1994.4  商社に就職

2019.4  25年お世話になって退職

2019.7  ひとり商社で独立起業

2020.1  コロナ感染、パンデミック

2021.6  2期目ギリギリ黒字

 記事カテゴリー

法務局→公証役場→法務局

2020年3月26日

2019年7月。登記を自分でやってみよう。結果的にひと月くらいかかったかな。

①法務局: 7月1 週目

初回は電話予約して面会。申請前の事前確認を行う(15〜20分程度)

②公証役場: 7月2週目

事前に電話予約して面会。定款を提出(10分程度)

③公証役場:翌日

認証済み製本の受領。あと支払い。91,000円(10分程度)
この日、私の前の順番のご夫婦が離婚調停だったらしく、ちょっと雰囲気重かったりして。。

④法務局: 7月3週目

認証済み定款を提出と支払い。75,000円 ※支援制度のおかげで半額(20分程度)

⑤法務局:7月5週目

登記完了後の書類を受け取り & 印鑑カード登録。
謄本とか印鑑証明書やらで1,650円の印紙代支払い(40分程度) 

 

なるほど自分で登記はできることがわかった。本来はもっと早くできたはずだが、さてさて、この次は銀行で口座開設と税務署に行って青色申告。

 

参考にしたのは、この本。 登記する前後の動きが分かりやすい。具体的にすることが並んでいて、初動から何日後までに次はどこで何をするのか認識ができた。

プロが教える!失敗しない起業・会社設立のすべて/ベンチャーサポート税理士法人【1000円以上送料無料】

価格:1,100円
(2020/3/10 18:05時点)