じぶん沿革

1994.4  商社に就職

2019.4  25年お世話になって退職

2019.7  ひとり商社で独立起業

2020.1  コロナ感染、パンデミック

2021.6  2期目ギリギリ黒字

 記事カテゴリー

ハローワーク効果

2020年3月24日

そういえばハローワークには行っておいて良かった。転職ではなく起業でも再就職手当てを頂くことができたという話し。

2019年4月退職。この時点では転職、起業 どちらも可能性があったので失業保険の申請をしておいた。「雇用保険受給資格者証」の入手という意味。私は前職を25年勤務して自己都合により退職。なので「通常の受給資格者」。この場合は失業したからとすぐに給付されるわけではなく、しばらく時間をおいてから給付対象期間のカウントが始まるわけです。

しばらくの時間 = 7日間の待期期間 + 3ヶ月間の給付制限期間
※待機ではなく待期

この間は収入になるようなアルバイトなんかもダメ。やっちゃうと失業していないことになり、働いた日数分だけ給付開始が遅れるそうな。これはそういうルール。私の場合は4月正式退職で給付期間カウントは8月からということになっとりましたが、結果的に、給付期間カウントが始まる直前の2019年7月に起業をしてしまった。

起業したら失業手当はどうなっちゃう?

一部ゲットできた、ありがたい! 私は前職の勤務期間が20年以上だったので支給日数は150日分。転職せずに途中で起業してしまったから、この失業保険もらえなくなっちゃったかな…と思っていたのだが、だがしかし! 転職じゃなくても起業で職を得たことが認められて予定額の約70%ほどの再就職手当てが得られました。これは宝箱に金塊が入っていたごとくデカイ! こういった制度があることに感謝!

 

起業準備

Posted by koki48