じぶん沿革

1994.4  商社に就職

2019.4  25年お世話になって退職

2019.7  ひとり商社で独立起業

2020.1  コロナ感染、パンデミック

2021.6  2期目ギリギリ黒字

 記事カテゴリー

我が街の起業実態ヒアリング

2021年11月24日

起業状況

地元の金融機関さまを表敬。目的はわが街での起業状況のヒアリング。ここ1年くらいでコロナ禍でも30社ほどの起業があったそう。ほほう、意外と多かった。できればリアル異業種交流会をしてもらいたいなぁ。

代表者の年齢
30〜40歳が中心。これは会社勤めを約10年程してからの独立ということになる。組織を経験してからなんでしょう。20歳代の起業もあったが学生さんではないよう。
業種
業種は平均的に分散していた。建築リフォーム、運送、飲食、美容など。
資本金
数百万円規模での起業中心。1000万円超えている方が少ない。中小企業庁のデータでは倒産原因に「過小資本」があったが、そうそう集められるものではない。

 

長く残る経営者とは

10年事業継続できない企業が70%と聞くが、我が街で生き残っている経営者は「中長期事業計画」「定期報告」「新規事業投資」ができるタイプ。ん〜、そうですね、違和感はないです。当たり前のことをやっている経営者が続くというシンプルな話しである。基本に忠実ということ。ただし新規事業においては別会社で経営を掛け持ちすると失敗している気配があるのだとか。

金融機関さまの経営サポートセンター(本店)にお伺いをしたのだが、予想通り支店窓口よりも引き出しは多いし事業者を知っている。逆に言うと支店側には届いていない情報が本店側に留まっているというか、特定のヒトが持っていることが確認できたのはGOODであった。改めて事業ネタを抱えて再表敬することにしよう。