じぶん沿革

1994.4  商社に就職

2019.4  25年お世話になって退職

2019.7  ひとり商社で独立起業

2020.1  コロナ感染、パンデミック

2021.6  2期目ギリギリ黒字

 記事カテゴリー

給料は天から降ってこない

2020年4月5日

パナソニック 樋口泰行(やすゆき)専務がテレビ番組に出演された中でのワード。日経ビジネスでも少し前に記事タイトルで取り上げられていましたけど、印象に残るワードでした。

松下幸之助語録「努力に対して十二分に報いられているときは崩壊への道をたどるとき」を樋口さんが取り上げておられた。なすことがうまくいって有頂天になる、失敗の多くはここに胚胎(はいたい)する。以前、松下幸之助書籍でも読んでいたが、番組をみて有頂天にはなってないけど、忘れていた自分に気づいた。。。

 

追記:
この投稿をしたのが4/5。その後4/9に偶然目についた記事。
パナソニック産機システムズの人事課長(当時)が2019年に入社する予定であった男子を自殺に追い込んだとの事件。内定者にSNSで研修名目で書き込みを連日強制し、できないと「無理なら辞退してください、邪魔です」みたいな。自分が王様か神であるような振る舞いを錯覚して職権乱用する役職者って、確かに ごくまれだけどいる。入社前から追い込むのは正気ではない。

つぶやき

Posted by koki48